不要品の買取事例

懐かしのビデオデッキ!ベータマックスについて

2018/03/13

こんにちは!
石川県、富山県、福井県で不用品回収を営んでいる不用品回収セブンです。

かつて、録画する媒体といえば「VHS」でした。その当時は、一般家庭にVHS専用のビデオデッキを設置しているのが当たり前といえるほど普及していました。しかし、VHS以外にも録画機器があったのです!それは、「ベータマックス」です。
ベータマックスは、ビデオ規格のひとつです。一時期は、VHSよりもベータマックスを利用している方が多かった時期もありました。そんなベータマックスのビデオデッキは、実は今でも中古の需要があり高価買取を期待できます!そこで今回は、ベータマックスについてご紹介します。

■ベータマックスとは?
ベータマックスは、ソニーが1975年に販売したビデオテープレコーダー、および映像記録方式の規格名です。ベータマックスは、登場した当時は特殊再生や最長録画時間などの面で優秀だといわれていました。販売当初のビデオデッキの累計販売台数が全世界で約1,800万台以上、ビデオテープはピークだといわれた1984年に年間で約5,000万巻出荷したとの記録があります。しかし、1976年に登場したVHSとの規格戦争でベータマックスが劣勢の状況となりました。
VHSの勢力に押されていましたが、2000年代以降も製造と販売は続けられていました。しかし、2016年3月を持ってベータマックスの生産が全て終了となり、その歴史に幕が下りました。

■VHSよりも需要のある時期があった!

ベータマックスは、VHSよりも需要がある時期がありました!VHSに比べて高画質でコンパクト、さらに録画時間の長さ・特殊再生など機能面が優秀だったので、一時期はベータマックスの利用者が多かったといわれています。
また、コンパクトなビデオテープは、録画をたくさんする方にとってはスペースに困らないことから人気がありました。それに、ベータマックス独特の機械音などに魅力を感じる方も多かったといわれています。

■中古で需要があるベータマックスのビデオデッキ
VHSとのビデオ規格戦争に敗北したといっても、ベータマックスの愛用者は多かったため、ビデオデッキを探し求めている方が今でもまだいらっしゃいます。しかし、ベータマックスのビデオデッキは完全に生産終了しているため、新品を購入することができません。それに、ビデオデッキは現代の市場に出回っている数がとても少ないといわれています。
その反面、「ベータマックスで録画した映像を見たくても見られない...」という方もいるので、中古で探している方はたくさんいます。そのため、ベータマックスのビデオデッキは、中古市場でとても需要があり、正常に動く美品なら高価買取を期待できるかもしれないのです。

■まとめ
ベータマックスのビデオテープを持っている方がまだいらっしゃるので、再生するためにビデオデッキを探し求めていることがあります。そのため、まだ正常に動くベータマックスのビデオデッキをお持ちなら、ぜひ買取業者へ持っていくことをおすすめします!

石川県を中心に不用品回収を営んでいる不用品回収セブンでは、ベータマックスのビデオデッキを回収しています。買取でも不用品回収でも対応できるので、石川県で処分にお困りでしたらぜひご相談ください!石川県全域を対象に訪問査定を行っているので、まずはご連絡ください。お待ちしております!

スタッフブログ

  • 各種クレジットカードご利用いただけます
  • お問い合わせから3STEPで対応いたします!!

    0120-921-098

    無料お見積りメールフォーム

  • 石川県富山県福井県全域対応可能!

    金沢市 、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、川北町、野々市町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、田鶴浜町、中島町、能登島町、中能登町、穴水町、能登町、あわら市、池田町、永平寺町、越前市、越前町、おおい町、大野市、小浜市、勝山市、坂井市、鯖江市、高浜町、敦賀市、福井市、南越前町、美浜町、若狭町、富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

  • 万が一の場合には損害賠償保険
  • 空き家管理士協会
  • 不用品回収にともなう不動産売却は私たちにお任せください!

携帯・PHSからもOK!お問い合わせのみも歓迎!

0120-921-098メールでお問い合わせ